So-net無料ブログ作成

怠け者の節句働き [MINI]

DSC07957.jpg
もう大分前の話ですが、BMCの集まりが新橋でありました。
”ガード下”なんてよく言われますがジョイントを渡る電車の音で、
話し声もかき消されようかという「鉄」向けの場所です(笑)

久々の更新です、こちらから・・・


nice!(9)  コメント(2) 

123イグニッション [MINI]

DSC07787.jpg
かねてよりお願いしていた123イグニッションが英国より届いたということなので、
早速取り付けのためにチェルシーで宇都宮のクーパーガレージに行ってきました。


いよいよ秘密兵器投入です・・・


nice!(8)  コメント(2) 

遅ればせながら・・・ [MINI]

気が付けばもう’18年も3日が過ぎ、
今更ですがこんな面倒くさい年寄りの戯言を覗いてくれた方たちに、
お礼と共に新年のご挨拶をせねばなりませんね。
どうか皆様にとって今年も何事もなく平和で良い年になりますように・・・

DSC07621.jpg
昨年の大晦日は「ミニを楽しむ会」の例のあわただしい忘年会もなく、
(近々新年会として集まる予定ではありますが・・・)
久しぶりにのんびりと行く年を過ごすつもりでありましたが、

DSC07734.jpg
前日にツインリンクもてぎで古いクルマと1日遊んできたので、(そっちは改めてUPします。)
毎年ワタシの役目となっているトイレ掃除(今年は2か所)に頑張っていました(笑)

今年もミニを始め古いクルマやビートルズネタ中心に、
たまに脱線するのでのんびりになりますが、続けるつもりです。
どうぞよろしくお付き合いくださいね。
nice!(4)  コメント(8) 

楽しい話題 [MINI]

2017-11-12 15.49.00.jpg
何かの雑誌で読んだけれど、
生まれてこの方、1日たりともクルマのことを忘れたことが無い、
そういうひとのことを本当の"クルマ馬鹿”と言えるのだそうで・・・
差し詰めワタシは間違いなくこの手の”バカ”と呼ばれる人間です(笑)

やっと今年最後の更新にたどり着きました


nice!(4)  コメント(4) 

晴れ後雨ばかり [MINI]

Japan-Luxusgaragen-und-ihre-Besitzer-1200x800-9c35624fae09163d.jpg
この夏の週末は猛暑になったり、雨が続いて肌寒い日が続いたりでして、
そのたびに胃が痛くなったり夏風邪で医者に行ったり寝込んだりの、
年寄りにとってはまるで人間の耐久テストのような日々でした(笑)
つかみは、数年前某国某雑誌に載った時のプロによるハレの写真です。



全然乗ってないのがバレるミニネタです


nice!(7)  コメント(6) 

爺のミニ [MINI]

sebun.jpg
画像は”もてぎ”で楽しそうに古いオースチンを乗り回す初老の紳士です。
ワタシの描く理想の歳を取り方ですが、果たして夢は叶うのでしょうか(笑)
今の自分は例年通り猛暑に体がついていけず、あちこち医者通いの日々です。
お陰で診察券のコレクションは充実する一方です(苦笑)
最近はクーラーの無いミニに乗るのもちょっと憂鬱という・・・
こんな調子で果たしていくつまで古いクルマの運転を楽しめるのでしょうか?


年寄りに夏はつらいです・・・ここから


nice!(5)  コメント(6) 

2017 25thツクバミニデイに行ってきました。 [MINI]

DSC07251.jpg
空模様や吹く風の匂い、咲く花の香りなどが気になるようになると、
そろそろ人生も上がりだそうですが(笑)
結局この日は急な天候の変化もなく紫外線で肌が焼けるほどの晴天でした。



連休とはいえ用事が多くて、進みません


明日は知らないぜ [MINI]

DSC06996.jpg
修理から戻ってきたGTは、
相変わらず暖機もそこそこに近所を走り回っています。
最近の駐車場におけるミニの”存在感”てこんなもんなんですよ(笑)
両隣のミニバンやワンボックスが特に巨大なので無くミニが小さいのです。

近い未来のことなど・・・


ムッシュ 逝く [MINI]

DSC06886.jpg
我々は人間という生物である以上、やがて寿命がやってきます。
すでに自分に残された距離が見えるような歳になった時の、
好きだったミュージシャンの死は、
「ああ、もうそんな時間になったのか」・・・と。

だいぶ間が開きましたがこちらから


好事魔多し・・・ [MINI]

DSC06837.jpg
色々ありまして、久しぶりの早朝散歩です。
6時頃に陽が昇るようになったので真っ暗闇に飛び出すこともなくなり、
だいぶいい季節になってきましたね。
圧縮の高いほぼ競技用エンジンのGTの始動はとてもエキサイティングです。
一発で掛け損なうと、すんなり目覚めてくれない気難しさも含めて・・・
敢えて言えば、その一瞬だけに深く満足感を感じたりします。

痛痒いようなミニ日記です、こちらから