So-net無料ブログ作成
検索選択

タウシュベツの橋 [北海道旅行]

DSC_0871.jpg
毎日、体温とさほど変わらない猛暑に恐れをなして、
なるべく動かないようにそっと働いています(笑)
オーバーヒートで思考回路が不調をきたし作文もままならない状態なので、
夏休みの宿題の絵日記みたいになっていますがどうかお許しを・・・(笑)

DSC04994.jpg
事の始めは旅行代理店で貰ったパンフのこの写真を見て、
コレは何?って思ったところからです。
今は無き士幌線の廃線跡にある橋です。
'55年にダム湖の湖底に沈んだのですが、
水深の上下によってこんな風に姿を現す“幻の橋”なんですね。

DSC_0879.jpg
今年は残念ながら水量が少なくて湖底が見えている状態です。
遠い過去の森の跡でしょうか、切り株がたくさん見えますね。

DSC_0870.jpg
遠くから見るとコンクリートが剥げ落ちて、まるで古代遺跡の趣きです。

DSC_0860.jpg
ダム建設に伴い迂回されて新たに建設された士幌線ですが、
やがて’87年には廃線になってしまいました。
この周辺にはその痕跡ともいえるコンクリート橋梁が数多く残っていて、
その数は40数ヶ所におよび、今や廃線マニアの聖地となっています。

DSC04799.jpg
DSC04798.jpg
近くの「鉄道資料館」で展示されている資料や、
在りし日の「糠平駅」の写真などを眺めていたら・・・

DSC04990.jpg
地元「帯広信金」の今年のカレンダーです。
水に浮かぶタウシュベツ川橋梁の油彩がとても素晴らしくて、
この角度で橋が見える場所や季節などを案内の方にお聞きしていたら、
「どうぞお持ちください」と、カレンダーを頂きました。

DSC_0922.jpg
今や北海道の廃線跡にはつきものの軌道自転車によるトロッコです(笑)

DSC_0900.jpg
DSC_0893.jpg
客車?の前後にロビンエンジン付き軌道自転車の編成ですが、
プッシュ・プル運転は出来ないので登りはプラス人力となります(笑)

DSC_0910.jpg
DSC_0913.jpg
終点はトンネルの入り口ですが、
中は予備車両やレールなどの倉庫になっていました。

DSC_0918.jpg
突き当たりは塞がれて外へは出られませんが、
かっては、96の牽く旅客列車が走る立派な鉄橋があったのですね。

DSC_0903.jpg
暫し、まったりとした時を過ごしてしまいましたが、
気がつけば数時間後には帯広空港から帰途につくという、
移動に次ぐ移動というヘヴィローテイションの旅でした(汗)

DSC_0942.jpg
DSC04818new2.jpg
このあと、奥さんのリクエストで「真鍋庭園」に寄り、
空港まで30分以内をナビで確認してあわただしく・・・のはずが、
さすがに疲れてのんびりと散策してしまいました(笑)

DSC04824.jpg
ナビの表示では30分のはずが走れども走れども空港に着きません。
レンタカーの店に着いたのは出発30分前(滝汗)
荷物をまとめて空港送迎用のクルマに飛び乗り・・・ん、
一番の大荷物、スーツケースがまだトランクの中だ!
なんとか荷物を預け、「買い物をする時間は有りますか?」と尋ねると、
「そうですねぇ、あと5分くらいなら」って・・・ヲイ(爆)

やっと機内に入ろうとしたら、先ほど「鉄道資料館」で頂いたカレンダー、
あの丸めてビニールに巻かれたやや長めの紙の筒、ありますよねぇ・・・
入り口でにこやかに迎えてくれたオネーサンが、
「お客様、申し訳御座いませんがそのままでは危険です」って。
慌てて駆け込んできた老夫婦がカレンダーを振り回して、
飛行機をリターンさせるんじゃないかと思ったのでしょうかねぇ(笑)

「ははは、コレはただのカレンダーで折り目を付けたくなかったので、
この絵の橋について30分ほど説明しても良いのですが、お急ぎのようなので・・・」
結局、荷物棚の一番奥に入れることで折り合いが付いたんですが、
10回ほど行った北海道でも飛行機で帰ってきたのは3回だけですから(笑)

DSC04841.jpg
まだ明るいうちに着いた羽田には虹がかかっていました。
改めて北海道の広さを痛感する弾丸ツアーでした(笑)
nice!(9)  コメント(7)  トラックバック(0) 

nice! 9

コメント 7

conta

かなり強行軍でしたね、厳しい旅行ほどあとで思い出になります。
ナッツ〇〇の様にならなくてよかったです(笑)
by conta (2015-08-09 00:43) 

ねこざかな

本当に古代遺跡のようですね!
カリ城のラストをちょっと思い出しました。
それにしても北海道には色んな「聖地」があるんだなあ・・・


by ねこざかな (2015-08-09 04:38) 

1275GT

anakinさん

いつもnice!ありがとう御座います。
by 1275GT (2015-08-10 21:47) 

1275GT

contaさん

かなりの忙しさでしたが、内容は濃かったです(笑)
この他にも数ヶ所寄り道をしましたが、
満足な写真を撮る時間も無いほどでした。
搭乗手続きや手荷物の煩わしさなど、
どうも飛行機は苦手ですね(笑)
by 1275GT (2015-08-10 21:53) 

1275GT

ねこざかなさん

「鉄ヲタ」にとっては北海道は夢の世界ですねぇ(笑)
文字通り生活を支える大動脈の貨物輸送には、
この地でしか見られない恐竜のごとき巨大な機関車もあります。
残念なことに、我が愛する北を目指す寝台特急は、
どうやら存続が怪しいですが・・・
生き残っている秘境駅、廃線跡や鉄道遺跡、
まだまだ見に行きたいところばかりです。
まぁ、奥さんの許しを得なければ行けませんが・・・(笑)
by 1275GT (2015-08-10 22:29) 

三代目

タシュウベツの橋を見に行ったんですね~そこまで来たのなら・・・もしかしたら会えたかも・・・なんて思えなくもありませんw

そこは十勝スピードウェイに行き帰りに何回も通ってるんですが、あまり奥に行くと熊が出そうで怖いんですよね、ビビリの冬眠ですいませんw

あと夕張にも行ったみたいで、自分よりも遥かに詳しく、そして北海道を楽しんでいそうで何よりですw
by 三代目 (2015-08-20 19:08) 

1275GT

三代目さん

コメントありがとう御座います。
今回は半ば強行なスケジュールだったので、
時間を調整してもお会いするのは難しかったかも・・・
タウシュベツのあたりの廃線跡を少しうろついたのですが、
やたら熊注意の張り紙がありましたね(汗)

次は、何かのイベントに合わせて行きたいですね。
こちらはどうせレンタカーなので参加は無理ですが、
北海道のミニ乗りの皆さんにお会いしたいと思っています。
by 1275GT (2015-08-20 22:45) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL: